【ピアノ初心者&再開者におすすめ】基礎練習に使える楽譜3冊

ピアノととおるの画像
【2020/08/24更新】

どうも。とおるです。
学生時代、僕はボストンにあるバークリー音楽大学(Berklee College of Music)というところに留学していたんだけど、練習や勉強を頑張りすぎたのか、在学中にからだを壊してピアノがまったく弾けなくなっちゃったんだよね。「弾きたい」という意欲がなくなってしまった。

あれから11年。とあることがきっかけで、久しぶりに「練習を再開しよう!」と思えるようになったんだ。だからまずはピアノ演奏に必要な「基礎訓練」に使えそうな楽譜集を備忘録がてら紹介していくよ。

ドホナーニの楽譜の写真1

ピアノ奏者がつかう指トレ集・5選

全訳ハノンピアノ教本/全音ピアノライブラリー

こんな人におすすめ
  • 基礎的な指トレーニングがしたい
  • あの曲を弾きたいけど指が動かない
  • 力を抜いて綺麗な音を出したい
  • 基礎的な奏法やテクニックを身につけたい

「ピアノの指トレ曲集」としてあまりにも有名な一冊。小さい頃にピアノを習ったことがある人なら、誰しもが知っている楽譜なんじゃないかな。

コルトーのピアノメトード

こんな人におすすめ
  • 薬指と小指が動かない
  • 基礎練習がハノンばかりで飽きてしまった
  • クラシック音楽とは違う音楽とテクニックを追求したい
  • ちょっと変わった基礎練習がしたい

昔、僕が指の基礎練習に使っていたのは、上記の「ハノン」と「コルトー」。こちらはハノンの練習より音楽的な要素は少なくて、いわば「指の筋トレ」に近いかんじ。とはいえ「力まかせに楽器を弾く」ためのものではなくて、「力を抜くために必要な手の筋力をつける」ことが学べる本だよ。

ドホナーニ:指の練習/ムジカ・ブダペスト社

これは僕がいま基礎練習に使っている楽譜。特徴は任意の鍵盤を押さえた状態で保留したまま別の指を動かすフレーズが多いことかな。指の筋トレに近い印象なので、どちらかと言えば前述の「コルトー」に近い気がする。

譜面に書いてあるフレーズは指がキツくて最初はなかなか上手く弾くことができないんだけど、「昨日はこのテンポで上手く弾けなかったフレーズが今日はラクに弾ける」といったように「成果がはっきりと、直ぐに現れる」からとっても楽しいよ。

気になっている楽譜集

こちらはまだ入手していないけど今後買ってみたい楽譜リスト。最後のジャズピアノ教本は、どちらかといえば学生時代にカバーできなかった音楽理論の勉強のためにマークしている本だね。

ブラームス:51の練習曲

クレメンティー:前奏曲と音階練習曲集

モシュコフスキー:15の練習曲

三上クニ:ニューヨークスタイル ジャズピアノ教本

まとめ

どうだったかな?指の基礎練習はとても大事なんだけど、間違えたフォームで行なうと手首を痛めてしまう可能性があるよ。無理をしないですぐにストップし、その日の練習は控えよう。

経験上、腱鞘炎や手首の痛みなどによる怪我は対処が遅いと治りも遅くなって非常に厄介。加えて傷めた手首で練習を継続してしまうと更に悪化する危険性があるから、練習前には「正しい姿勢やフォーム」をしっかり確認しよう。

怪我なく楽しい演奏を!