【試してみない?】バレットジャーナルで楽しく習慣を定着させよう!

バレットジャーナルとねこのイラスト

僕たち夫婦は「ふたりで、楽しく、仲良く」を追求しているんだけど、そのためには先ず「健康体でいること」が不可欠なんだよね。

では健康的に楽しく生活するためにはどうしたらいいか?食生活や運動、睡眠などを包括的に把握し、「定着させたい習慣」を増やして「悪習」を減らす事ができれば…と考えたんだ。

そこで僕たちの中で採り入れてみたのが「バレットジャーナル」。いま世界中で話題沸騰の新しいノート術なんだよ。日本語で要約すると「箇条書きで記した簡単な日記」なんだけど、発案者のライダー・キャロルさんが、「自分の思考やタスク、習慣、アイデアを整理する」ことを目的に編み出したんだって。

今回はこのバレットジャーナルを応用した「習慣トラッカー」を使って「定着させたい健康的な習慣」を増やし、「不健康な習慣」を減らしていくことに挑戦するよ。僕たちが考える「習慣トラッカー」をつけるメリットはこちら。

  • 「良い習慣」「悪い習慣」が可視化され、思考を整理できる
  • 新しく採り入れたい習慣が比較的定着しやすくなる
  • 記録をつけることで振り返りがしやすい
  • 反省点がはっきりするため、未来への生活改善に活かすことができる
  • 過去の記録を基にして、自分の行動パターンを予測できるようになる
これらを踏まえて「毎日をより健康的に過ごすこと」にチャレンジ!

習慣トラッカーの作り方

1:ペンとノートを用意し、記録フォームをデザインする

バレットジャーナルの最大の特徴は自由度の高さ。だから自分が「毎日記録をつけること」が楽しくなるようなフォームを作ろう!
今回僕たちが作ったフォームはこちら。

バレットジャーナルとおるの画像

バレットジャーナルゆうきの画像
デザイン性を重視して、アソビドットライフ独自の入力フォームを作ってみたよ。

2:記録を付けたい内容をリストアップする

例えば、こんな感じ。

  • 起床時間
  • 就寝時間
  • 朝昼晩ごはんを食べたか
  • お酒を飲んだか
  • 筋トレをしたか

などなど。
習慣トラッカーはいわゆる日記だから他人に見せる必要はない。だから項目も暗号みたく自分がわかる記号にしてしまってOK!もし何かの折で他人に見られたら恥ずかしいからね。

3:その日できた項目のマスに色を塗る

後はできたマスに色を塗っていくだけ。ただし、まとめてマスを塗ろうとすると忘れちゃう項目も出てくるから、遅くても翌日の午前中には記録しておくことがおすすめだよ。

4:毎日記録するって大変なのでは?

できた習慣が増えれば増えるほどフォームがカラフルになっていくから毎日の色ぬりが楽しみになっていくし、モチベーションもアップする。そして記録のつけ忘れ防止にも繋がるんだ。

5:モチベーション維持に繋がる独自の記録方法を考えよう

そして僕たちはもうひと工夫。毎日の記録をgifファイルにしてtwitterに公開しているよ。だんだん積み重なる過程を動画で毎日確認するのが楽しみになるんだよね。

注意点
自分を責めない。できた時は自分を褒めちぎろう!
「ああ、昨日は〇〇をしなかった…僕はダメな人間なんだな」と自分を責めてしまってはストレスが溜まるだけだし、何も楽しくないよね。
自分に馴染みのない習慣を採り入れるんだから身体にはストレスがかかるし、「できなくて当然」と考えよう。
「昨日は〇〇ができなかったけど、今日はちゃんとできたぞ。よくやった自分!」と自分を褒めることが重要だよ。

まとめ

習慣トラッカーで記録をつけるようになると早起きしただけで「やった、早起きできた!」と自分を褒める機会が増えるし、それが記録されて可視化されるから自分の成果を振り返る機会にもなる。
それによって得た反省点や改善点を活かしていけば将来より良い習慣が身につくかもしれないし、日記と同じく過去の記録を見返すのは結構楽しいよ!

そしてもし仮にその習慣が定着しなかったとしても自分を責めないで。

  • なぜ続かないのか
  • 何を改善すれば続くのか
  • 無駄な習慣に時間を割いていないか

といったことを改めて考える良い機会になるかもしれないよ!

僕たちも習慣トラッカーを初めてまだ1週間くらい。目標は先ず1ヶ月続けること。カラフルなフォームができるのが楽しみ!興味ある人はぜひやってみてね!