【足本来の感覚を取り戻せる!】マンサンダルの作り方

歩くとすぐに疲れちゃうし、足先の冷えも酷い事が長年の悩みで、なんとかしたいなと色々と調べていたんだよね。そこで見つけたのがメキシコの先住民族が作っていた「ワラーチ」という履物。調べれば調べるほどすごく面白そうなんだよね。


ワラーチの効能
  • 身体のバランス能力改善
  • 持久力向上
  • 身体全体の筋力アップ
  • 脳機能改善

詳細はネットで調べてみてね。

今日はこのワラーチをアレンジしたマンサンダルを作ってみたのでそちらを中心に紹介していくよ。

マンサンダルの詳細リンクはこちら

マンサンダルの材料・工具

ワラーチの写真8
ワラーチの写真12

【A】ビブラムシート8338→両足1セット2枚
靴の材料として使われるシート。僕たちはAmazonで黒と茶色の2セット(2人分)を購入したよ。

【B】パラコード4mm径
靴紐に使うもので、写真は10mのもの。1.5mを両足分=3mを使用するよ。

【C】金槌

【D】鉛の板
ポンチで穴を開ける時に使うよ。基本的には硬くて傷が付いても問題ないものであればOK!

【E】ライター

【F】穴あけポンチ4mm径
大きめの100円ショップで購入できるものだよ。4mm径のパラコードと同じ4mm径がおすすめ。

【G】はさみ

【H】シャーペン

マンサンダルの作り方

①足型を取る

ワラーチの写真2

シャーペンを使って型を取っていこう。足がすっぽり収まる大きさで型を取ってね。

ワラーチの写真3

②ビブラムシートを切る

ワラーチの写真4

基本的には足型よりほんの少しだけ大きめに切ればOK。履いてみて使いづらいのであれば完成後に少し切って調整して!

③穴を空ける

ワラーチの写真6

シャーペンで穴を開ける位置に目印をつけたら、穴あけポンチを使って鼻緒部分と足型の両側に穴を開けるよ。

ワラーチの写真7
ワラーチの写真16

鼻緒部分には1cmくらい隙間を空けて2つの穴を開けるよ。それからくるぶし部分は上図を参考に2つの穴を開けてね。

④パラコードを用意する

ワラーチの写真10

1.5メートルの長さの紐を2本用意しよう。

ワラーチの写真11

カットしたままだとだんだんほつれてしまうよ。ライターで紐の先端を炙り、紐の芯を少し溶かして固めてね。ただし燃えないように細心の注意を!

ワラーチの写真13

⑤パラコードを取り付ける

ワラーチの写真14

紐の通し方は下のリンクにある「MAN SANDALS」さんの公式Facebookグループの記事を参考にしたよ。

⑥完成!

ワラーチの写真15

自分の足に合わせて紐の長さを調整したら完成!

履いてみた感想は…

こちらの記事に書いたよ!是非見ていってね。