【前編】精神障害を抱える夫婦が、体調安定のために実践したこと5つ

風邪ひきねこの画像
asobi.lifeは「ふたりで、楽しく、仲良く」を追求する夫婦が運営するサイトだけど、実は2人とも障害を抱えてるんだ。とおるはⅠ型双極性障害、そしてゆうきは不安障害に加えて国指定の難病の影響で脚が少し悪かったりするんだよ。


躁と鬱、コントロールできない感情と押し寄せる不安、そして著しく損なわれる社会や他人との関係。多くの精神障害を抱える人たちはこれらを自分なりにコントロールしながら暮らしているんだろうけど、体調がなかなか安定せずツライ思いをした人もいるんじゃないかな?


僕たちも入籍当初は障害による症状が原因で起こるトラブルが絶えなかったんだけど、夫婦間で話し合った結果、こちらの目標を作ったんだよね。

  • ふたりで、楽しく、仲良く暮らす

そしてこの目標を達成させるために何をしたら良いか?と考えて炙り出した項目がこちら。

  • 体調を安定させることをお互いに全力で取り組む

こちらにじっくり取り組んでいった甲斐もあって、体調は現在2人ともかなり安定してる。では僕たちがどんなことをして体調をコントロールできるようになっていったのか?


今回は体調が安定せずに苦しんでいる人たちに向けて、僕たちが実践した「体調を安定させるために実践したこと」を前編、後編に分けて難易度別に5つ紹介するよ!今回は前編の2つを紹介するね。


1:規則正しい生活を送る(難易度★☆☆)

こちらに関して僕が主治医の先生にアドバイスされたことはこちら

  • 規則正しい生活をする
  • 睡眠時間は毎晩必ず確保する
  • 夜更かしや徹夜、昼夜逆転生活はNG

先ず実践したのは土日を含めて毎日午前7時に起床するということ。夜型体質だった僕には当時かなりキツかったんだけど、活動開始時間が早いと必然的に好きなことができる時間が増えるし、夜に活動するより頭もクリアだから活動の質が全然違うんだ。因みに僕の場合は仕事前の読書時間に充てていたんだけど、朝から活動すると読書量や質、充実感が全然違うことを体感してからは早起きが楽しくなったよ。


そしてもうひとつの大きな変化は「眠剤を服用する日が限りなく減った」ということ。当時は覚醒して眠れなくなる夜が多くて眠剤の服用は欠かせなかったんだけど、日中にしっかり活動していると夜には自然と眠気が来るから徐々に必要としなくなったかな。



「早起きは三文の徳」とはよく言ったものだけど、本当に良いこと尽くめ。これを実践しただけでかなり体調が安定したよ。ただし「今夜は頭が覚醒して眠れそうにない、、」と感じた場合は無理せず眠剤を服用し、夜更かしや徹夜に陥るリスクを避けてた。先生曰く、精神障害のある人にとって睡眠はめちゃくちゃ重要なんだって。睡眠不足は体調不良に直結するから気を付けよう。


早寝早起きを毎日習慣付けるだけで体調管理が格段にしやすくなるよ。挑戦してみたい人は「早起きしたら何をしたいか」をイメージして、いつもより1時間早く就寝することから始めてみてね。

2:温活(難易度★★☆)

体調を安定させる方法を色々と調べているとたどり着いたのが温活。身体の冷えを取ることで体内の血流が活発になり、自律神経の安定が期待できるんだ。僕自身、これまで冷え性には無頓着だったけど、これを機会に冷え取りグッズを使って足先と腰回りを中心に温活を始めることにしたよ。

基本的には女性向けらしいけど、男性も問題なく使えるよ。



結果、身体が重い、気分の落ち込みが激しい、何も手に付かず一日中寝込む、といった状況がかなり軽減して明るい気分で過ごせる日が増えたよ。個人差はあるだろうから一概に同じ結果となるとは限らないけど、障害の有無を問わず、身体を温めて血流を活性化させることはヘルスケアの観点からも非常に有効なので気になる人は試してみて。


体調の安定だけじゃなく、温活には嬉しい副産物も。当時は食べ過ぎが要因となってかなり太ってたんだけど、血流が良くなることで身体の代謝が活発になり、体重がストンと7キロ落ちたんだ。これは嬉しかったよ。温活ダイエット!


そもそもの温活は身体を内臓から温めることが目的。「夏は暑いから必要ないでしょ」と思われがちだけど、暑い夏でも内臓は冷えたままなんだ。冷えとりグッズはたとえ暑い日でも装着しないと効果は半減してしまうから気をつけよう。僕も夏場に装着しないといけないことが判って「嫌だなあ」と考えたけど、実際に装着して生活したらそこまで気にならないよ。


体調の不安定さが解消される喜びと温活ダイエットによる血流改善で体重が減少していくことが楽しくて現在でも季節を問わず付けているよ。

まとめ

どうだった?
早起き、温活は良い事づくめ。
体調の安定だけじゃなく、一石が二鳥にも三鳥にもなるから是非やってみて。
後半も続くよ!