【咀嚼・その5】唾液について

よく噛んでいる猫のイラスト5
「よく噛むことが大事」と言うけれど、単にボリボリ噛めばいいというわけではないよ。特に大事なのは「食べ物と唾液を混ぜ合わせる」ということ。

そこで今回は「唾液」について詳しく解説していくよ。

唾液は何からできているの?

唾液は「水」からできているよ。だから唾液をつくるには水分補給が大事。だけど「色・味・香りがついている水分」はNG。特にコーヒー、お茶などに含まれているカフェインは利尿作用があるから、水分を取り込むどころか身体から水分が抜けてしまうんだ。これでは本末転倒だよね。だから水分は「水道水やミネラルウォーター」で補給しよう!

また、日本人の腸内環境には硬水より軟水の方が負担なく体内吸収されるよ。だからミネラルウォーターを飲むなら、

  • サントリー天然水
  • いろはす
  • クリスタルガイザー
  • ヴォルヴィック
などがGOOD!

食事中も水をガブガブ飲んでもいいの?

食事中に水をたくさん飲むのはNG。胃酸や消化酵素が薄まってしまい、消化時間が長引いてしまうので胃の負担が大きくなってしまうよ。そうなると体内の消化活動が停滞し、身体への疲労感に繋がってしまうから要注意!

自分の唾液量が足りているかチェックしてみよう!

  • 食事をしていると、口の中がカラカラになる
  • 食事中に「水が飲みたい」と思うことが多い
という人は普段から水分摂取量が足りておらず、体内で作り出される唾液量も少ないから、健康面で多くの弊害を招いてしまうよ。食事以外のタイミングに水をたくさん飲んだほうがいいね。

唾液はどこで作られるの?

実は唾液ってお尻で作られているんだよ。お尻にある仙骨には穴が8個空いていて、そこに唾液を作る「唾液腺」が通っているんだ。それが胸骨を抜けた顎の左右4つの穴から唾液を出すよ。

余談①

西洋医学だと「唾液腺は6本しかない」と言われているんだけど、東洋医学と見識が違う理由は「左右4本ずつある唾液腺のうち、2本は人が死ぬと消えてしまうから」だそう。

だから古来から死体を解剖して研究してきた西洋医学では「唾液線は6本」ということになっているんだ。

余談②

昔、仙骨は「神骨」と呼ばれていたみたい。映画などで登場する「神酒」というのは、その「神骨」から出る唾液を使って作ったから「神酒」と言うんだって。

唾液の分泌量を増やすには?

  • 無味無臭の水(水道水やミネラルウォーターなど)をたくさん飲む
  • 咀嚼回数を増やす
  • レモンや梅干しなど、すっぱいものを食べる

これに尽きる!