【咀嚼・その1】体調安定の基本は「よく噛む」こと

気軽で簡単で…
お金をかけずに健康になれる方法ってないかなぁ

あるよ

えっ!?知ってるの?
教えて教えて〜

それはね、、

ごくり。。

よく噛むこと。以上!

え!それだけ・・!?

親や先生に「よく噛んで食べなさい」って言われたことがある人も多いんじゃないかな?

よく噛むことって本当に重要なこと。「体調安定」だけではなく「万病予防の基本」とさえなり得るくらい、とっても大事。

今回は「どうして咀嚼が大切なのか」を詳しく解説していくね。

咀嚼ねこのイラスト2

健康の基本は咀嚼から

当たり前だけど、僕たちの身体を作っているのは「食べたもの」だよね。だから「健康の基本=咀嚼」といえるんだ。日常生活で少しばかり意識することで得られる効果はこんなにあるんだよ。

  • 糖尿病の予防
  • 身体のだるさ、眠気などの予防
  • 虫歯・歯周病の予防
  • 発がん作用の抑制
  • アンチエイジング効果
  • 脳機能の活性化

など

よく噛まないで食べるとどうなる?

食べ物を細かく噛み砕かないまま飲み込んでしまうと、胃腸は長時間にわたって消化・吸収活動をフル回転で行い続けることになる。結果、身体への負担が大きくなり、「なんとなくからだがダルい、重い、眠い」といった倦怠感に繋がるよ。

しかもそれだけではなく、「糖尿病」といった深刻な健康被害が生まれる可能性があるから何も良いことがないんだ。特にこんな人は要注意!

  • 急いで食べる癖がある
  • 1口の咀嚼は10回以内
  • 食事の時間は20分以下

一口につき何回くらい噛めばいいの?

理想は30回以上。

ただし、早食いが癖になっている人がいきなり30回を目指すのは難しいから、まずは1口につき20回から徐々に増やしていこう。「食べ物と唾液を混ぜる」ということを意識して噛むことがポイントだよ。

おわりに

「よく噛んで食べる」ことがとても重要なことがわかったかな?

かく言う僕も「ドカ食い、早食い、一気食い」が癖になってて、特にランチの後は眠気と身体のダルさに襲われやすいんだよね。。こうなると作業の生産性やスピードが落ちるから、頑張って咀嚼回数を増やしているよ。
まずは1口につき20回以上噛むようにしてる。目指せ30回!

咀嚼ねこのイラスト